読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言語学などの話をするブログ.

言語学の話と読んだ本、あとは好きな曲の歌詞の話などをします.

一昨日、ペトロールズのライブに行ってきた.

いやあ、素晴らしかったです、ペトロールズ.

なんというか、彼らの音楽には言葉では言い表せないような良さがありますね.

聴けば聴くほど、脳みそから体内が溶けるような錯覚を感じさせてくれる. しかも、ただそれだけでは飽き足らず、少しダンサブルな感じや、しっとりとした曲調から一転して激しいロックサウンドへと切り替わるといったような転調なども駆使して我々を魅了してくれる. それに加えて彼らの比喩的かつどこか啓発的な歌詞はまさに見事であるとしか言えない. 

これらの魅力は全て、「お金を稼ぐためとかではなく、純粋に自分たちのやりたい音楽をやるためにこのバンドは活動してるのだ」という彼らの強い意志から来ているのだと思う.

東京事変のギタリスト・浮雲こと長岡亮介を中心として、あらゆる柵から解放され、自分たちの本当に出したい音、書きたい歌詞などを自由に作り出している姿は、有名になるために、売れるためにバンド活動を続ける最近の所謂邦ロックバンド達には真似できないものであろう. 更にメンバー3人ともギター、ベース、ドラムの技術はずば抜けているしメロディセンスも「なぜそんなのが思いつくんだ」となるものである. 

この「のびのびとお金儲けのことを考えずに好きな音楽をやる姿勢」と、各々のメンバーの「卓越した技巧」が織りなすペトロールズの曲1つ1つが独自の味を持ち、それ故にファン達を飽きさせることなく、従って、ペトロールズのファンを名乗る人たちは皆「ペトロールズの曲は全部聞くよ」といったような具合に、「にわか」と呼ばれる枠には収まらない人たちばかりになるのであろう.

 

まあ私はそんな大ファン達に比べればまだまだファン歴も知識も浅い不束者であるが、ここでは調子に乗らせてほしい(笑)

 

ということで、私の特に好きなペトロールズの曲を何曲かここに貼っておく.

 

1. Profile

https://youtu.be/aYRGVa4K6JM

私がペトロールズにハマるきっかけを作ってくれた曲である.

動画を見てもらえば刹那のうちにわかっていただけるだろうが、この曲を聴いていると本当に勝手に体が動き出すのである. 一体どうやってこんな普遍的に聞こえて実はかなり手の込んだ音である、みたいなギターの音を出せるのだろうか. 長岡亮介は天才だ.

ジャンボのベースもまさに「基盤」となり、長岡のギターをうまい具合に引き立てつつ、しっかりと自身の音を主張している.

そしてドラムも、最近流行りのビートではなく、どこか大人びた、洗練された印象を与える.

 

2. 表現

https://youtu.be/dkFIwlrqZQk

どこかバブル期あたりの音楽を思い出させるところはあるのに、全く古臭くなく、むしろ革新性を感じさせる.

何と言っても「声に出して」からのサビが最高だ. これも体を動かしながら長岡の声に合わせて歌わずにはいられなくなる. ライブで聴いた時は全身に鳥肌が走った. 

星の見える夜、ベランダでお酒を飲みながら聴くと、何とも心地良い気分になれそうだ.

 

3. 雨

https://youtu.be/79oWpgGevQM

タイトルそのまま、雨の降る日に愛する人を想いながら聴きたい曲.

哀愁を感じさせる曲調ではあるものの、間奏などの激しさは、愛する人への自身の強い想いを暴力的にかつ優しく表している気がする.

何と言ってもこの曲の歌詞は素敵だ. 詩的で難しすぎないため、「あぁ、そういうことか!うわぁすごい素敵だなぁ」という感情をすんなりと得ることができる.

そんな詩的な歌詞、哀愁漂うメロディ、そこからの激しい音、そして長岡のどことなく悲しげでありながらも力強い声、これら全てが見事にマッチしていて、このような傑作が生まれたのであろう. いやぁ、たまらない.

 

ちなみに、こんなバージョンもある.

https://youtu.be/MUNEXBRJMdI

 

 

以上ペトロールズのおすすめ三曲を紹介したが、もちろんどの曲も素晴らしいので、気に入っていただけたら他の曲も聴いていただきたい限りである.

 

ドラムのボブのサインだけはゲットできず. 無念.

 

f:id:LennonMcCartney122620:20170221120352j:image