まーじブログ

言語学の基礎的,専門的な話や政治思想の話などを徒然なるままに.Twitter: @linguisticmerge

理論言語学と認知言語学それぞれが目指す先は?

こんばんは.

 

ひとつ前の記事で,起きたらこの記事を書くと言っておきながら,本を読んだりお風呂に入ったりご飯を食べている間にこんな時間になってしまいました.

 

今回は,私の専門である理論言語学と,それと対立(?)する学派である認知言語学の基本的な相違点をおさらいした上で,それぞれどのような目標を設定していて,どのような角度からヒトの「言語」を見ているのかについて書いていきたいと思います.

両者の基本的な共通点と相違点に関しては,まずこちらの記事を参照されたいです.

lennonmccartney122620.hatenablog.com

 

ここではまず,上記事の内容を補填したいと思います.その嚆矢として,まずは理論言語学認知言語学がそれぞれ言語をどう捉えているかについて,少々深めに述べていきます.

 

①理論言語学の言語観

理論言語学者の考え方はこうです.

1.1 生物世界で人間のみがここまで複雑な言語を駆使してコミュニケーションを行うことができるのは,ヒト固有の遺伝的形質として「言語獲得」を可能にする何らかの要因がある.

1.2 1.1のように捉えたとき,言語の本質は意味ではなくその文法にある.

1.3 言語というものは複雑な,かつ無限の「思考」を可能にするものであり,コミュニケーションはその副次的な産物に過ぎない.

 

一つずつ解説していきます.

 

1.1については,前記した記事でも触れていますが,人間言語が他の動物コミュニケーションと決定的に異なる点はその複雑さにあり,それを「記憶力」とか「脳の大きさ」といった観点から導こうとするのではなく,生物として人間が持つ能力なんだという考え方を意味しており,その言語獲得を可能にする要因こそが「普遍文法」すなわちUG(Universal Grammar)だと仮定しています.UGというのは,特に障碍を持っていない人間であれば誰もが脳内に備えており,外界からの刺激(両親や親戚などの発話,1次言語データという)によってUGが「安定状態」になることで我々の「母語」へと形を変えるのです.幼児の記憶力というのは成人のそれと比べて遥かに質的に劣っており,また,幼児の言語獲得の期間の短さや外部からの刺激の圧倒的な貧困を考えると,一般認知能力によってのみでヒトの言語獲得過程を説明することは不可能であると我々は考えます.

「日本語と英語で全然形が違うのに,同じUGから出来上がっているなんて考えられない」なんておっしゃる方も多いでしょうが,これは理論言語学的には誤った解釈によって導かれた指摘であります.

理論言語学においては,目に見える形で現れた言語表現ではなく,その奥深くにある構造こそが「言語」であり,そのような構造こそが言語の本質なのだと考えます.そしてその構造は,本質的には世界中の言語に共通したものであり,より踏み込んだ言い方をすると,その構造を惹起する「統辞演算」というものは世界中の人間言語において普遍的規則を持っているのです.統辞演算によって生成される人間言語の文法というのは,階層構造を持っており,その統辞演算は再帰的に適用されることができるため,この階層は原則無限に続くことができます.この無限性(離散無限性と言います)によって,無限の思考が可能になるわけです.

 

1.2のように考える理由も,これではっきりとしたでしょう.そういった統辞演算規則こそが「文法」の核であり,その「文法」があるから,ヒトは言語を持ち得たのです.言語は「意味」を伴いますが,その「意味」も文法無しではもっと皮相的かつ単純なものであったはずです.

 

そしてこのような考え方は,そのまま1.3にもつながります.

コミュニケーションを行う際に必要になるのは,「思考」することです.思考できなければ,我々が内在化させた(脳内で生み出した)思案や意見を外在化(発話して相手に伝える事)できません.この「思考」を可能にするのがシンタクス,つまり「普遍文法」なのです.トリの羽は卵を孵化させるために進化したものでありますが,現在では空を飛ぶ道具としても使用されています.それと同様に,ヒト固有のこの言語(ないし文法)も,思考の道具としての遺伝的形質から,コミュニケーションの道具という副次的な効果も持つようになったのです.

 

 

認知言語学の言語観

2.1 文法構造そのものも意味解釈上の役割がある.

2.2 語と文法は連続体を成している.

2.3 言語とはコミュニケーションの道具,すなわち意思疎通のためにあるもので,意味こそが言語の本質であり,それは人間の持つ高度な認知能力の一つの産物に過ぎない.

 

こちらも一つずつ解説をしていきます.

 

2.1を説明するのにうってつけの例を出します.

(a) Mary gave John a book on linguistics.

(b) Mary gave a book on linguistics to John.

中学や高校の授業では,(a),(b)の両表現は全く同じ意味を持つため,言い換え可能であると教わりますし,実際に入学試験ではその前提を基にした問題も散見されます。しかし,実のところ両表現には大きな意味的乖離が存在しております.

(a)のような構文は二重目的語構文と呼ばれており,「メアリーがジョンに言語学に関する本をあげて,ジョンがそれを受け取った(受け取り,今も持っていて,それを読んでいる)」という風に解釈され,動詞の意味が及ぶ範囲(作用域)は”John"と"a book on linguistics"の両方になります.

対して(b)のような構文は与格構文と呼ばれており,「メアリーがジョンに言語学に関する本をあげた」と解釈されます.(a)との違いは,"to John"が動詞gaveの作用域に含まれないことです.つまり,(b)のような与格構文では,実際にジョンがそれを受け取って読んでいるかどうかまでは問わず,あくまでメアリーがジョンに本をあげたという事実のみに着目しています.

その証拠に,

Mary gave a book on linguistics to John, but he rejected it.

とは言えても,

Mary gave John a book on linguistics but he rejected it.

とは言えません.

このように,文法も重要な意味役割を担っていることから,文法を自然物のように捉える①とは決定的に違う言語観を持っていることが伺えます.

 

このことは,2.2の説明にもつながります.

幼児は最初,他者(典型的には両親)の発話を聴き,典型的な表現というものを学習します."gimme (ちょうだい)"などはその最たる例で,"give me"という表現を1つのチャンクとして認識し,"gimme"という一語として解釈します(ゲシュタルト).その後,言語刺激を受け続けることで「学習」し,"gimme"が"give me"であることに気づき,さらにそこから"Verb Object"のようにより抽象的なパタンを抽出し(スキーマ),さらには"Verb Object1 Object2"や,"Verb Object2 to Object1"のようにそのスキーマを拡張していきます.そうして拡張したスキーマに,様々な語彙を当てはめる(ことができる)ことにより,文法というものを習得し,文法にも意味役割を担わせることが可能になるのです(カテゴリー化).つまり,文法と語彙は連続体にあるのです.

ちなみに,このスキーマ形成やカテゴリー化にはメタファーメトニミーといった認知操作が深くかかわっています.メトニミーについては,下記の記事で簡単に説明しているので,是非ご覧ください.

lennonmccartney122620.hatenablog.com

 

これらをまとめると,2.3に述べられているような考え方は自然に導かれます.文法習得や語彙の習得というのは,人間が持つ高次な認知能力(スキーマ化やカテゴリー化,メタファー/メトニミーも当然その一部)の産物であり,従って言語とは他者と自分との相互の意思疎通を通じて習得するものなのだというのが,認知言語学における言語観です.幼児の他者との意思疎通は共同注意などの一般的認知機構によって行われますし,言語習得のパラダイムには全て認知能力が関わっているのだということになります.つまり,言語の本質は,ヒトの持つ高度な一般認知機構によって算出される意味である.

 

 

 

ここまで読んでいただいた皆さんはもうお気づきでしょう.理論言語学認知言語学の相違というのは畢竟,言語をどの角度から見るかの違いに過ぎません.

理論言語学者は,「言語があるから思考が可能なのである.言語(シンタクス)が複雑な思考を可能にし,高度な認知能力の根源であり,それが遺伝だとするならば言語は獲得するものである.」と考えています.

対して認知言語学者は,「ヒトは,高度な認知能力があるから言語を使えるようになった.言語は即ち種々の認知能力の産物に過ぎず,コミュニケーションのためにある.つまり,言語とは意思疎通などを通じて習得するものである.」と考えています.

 

長々と書いてきましたが,煎じ詰めると,言語が先か認知が先かという考え方の違いに全て帰着します.そのどちらが正しいかは,これからの研究が明らかにしてくれます.

そして,ここまで読んでいただければわかる通り,言語理論の研究というのは,認知科学に他なりません.更にシンタクスを扱う理論言語学では,物理学や数学,生物学,医学,脳科学文化人類学情報工学,ロボット工学等の知見を活かしたアプローチも盛んになってきました.一方,認知言語学は心理学や社会学,論理学,哲学等との結びつきが非常に強いです.これから先,様々な分野の研究が進むことによって,言語学がより面白くなることは請け合いでしょう.

 

皆さんは,理論言語学認知言語学,どちらの方が肌に合いそうですか?

 

今日はこの辺で筆を擱かせていただきたいと思います.

それでは,おやすみなさい.